建築設備定期検査の様々な種類とは

消防設備の定期点検とは

建築設備定期検査は、様々な種類があります。今回はその中でも建築設備定期検査で比較的馴染みが深い、消防設備の定期点検について述べてみたいと思います。消防設備は、私たちの命を守る大切なものです。特に、不特定多数の人が出入りする建築物に関しては、火災になった場合に人命に関わる火災になる危険性が高いです。
消防設備の中には様々な設備がありますが、よく見かけるのは、感知器ではないでしょうか?感知器は、温度に反応するものと、煙に反応するものがあります。通常ついている感知器は、煙感知器です。火災になったときに死亡する原因の一番は、煙に巻かれて窒息で死ぬことです。従って、人命が助かるために必要なことは、煙が充満するまでに逃げることです。
煙感知器は、電気信号でビルであれば監視室につながっています。古くなると、監視室までつながっている電線が断線したりする可能性があります。断線している場合は、実際に煙が発生しても、監視室まで信号が伝わりません。従って、火災が起こっても気づかないことになります。
建築設備定期検査では、感知器について言えば、煙を発生させ、実際に信号が監視室に伝わるか点検します。点検し、もし監視室に信号が伝わらなければ、法律の基準に適合せず修理が必要になります。

施設ごとの検査の違い

建築設備定期検査とは、建設基準法に基づいて、事故や災害がおきないように、建築設備の状態を定期的に検査し、毎年報告をすることをいいます。建築設備定期検査は建設基準法によって法令で定められていて、報告、検査などの義務があります。デパートやホテル、病院など、多くの人が利用する建物は、構造の劣化や、避難設備などの作動の不良があったりすると大変です。
建築設備定期検査で事故や災害を未然に防ぐことで、建物や人の安全を確保し、建築基準法で、専門の技術者に定期的に検査し、報告をするようにしています。特定建築物の定期検査は、敷地、一般構造、防火、避難関係を用途、規模によって毎年または、3年ごとに一級建築士が調査をして、行政に報告をします。防火設備、建築設備の定期検査は、防火設備を毎年一級建築士が検査をして行政に報告します。
建設設備の定期検査のだいたいの検査費用の目安は、児童福祉施設720㎡で45、000円、個室ビデオ、カラオケ店、500㎡で54、000円、ホテル18、140㎡で235、000円、病院880㎡で65、000、遊技場、パチンコ店1、980㎡で90,000円、スーパーマーケット3、300㎡で100、000円になります。検査方法や検査の時間などによって検査費用も大きく変わってきます。

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Latest Post

建築設備定期検査で考えなければならないこと

オーナーには非常に重要な検査 建築基準法に基づいたもので、建築設備定期検査というものがあります。こ…

More

建築設備定期検査とは何をするのか

私たちが安全に暮らす為に必要不可欠な検査 皆さんは、建築設備定期検査という言葉をご存知でしょうか?…

More

建築設備定期検査の様々な種類とは

消防設備の定期点検とは 建築設備定期検査は、様々な種類があります。今回はその中でも建築設備定期検査…

More

Menu

2017年08月02日
建築設備定期検査で考えなければならないことを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査とは何をするのかを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査の様々な種類とはを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査の目的についてを更新しました。

Copyright(C)2017 建築設備定期検査が必要不可欠な理由 All Rights Reserved.