建築設備定期検査の目的について

事故などの危険を未然に防げる

建築設備定期検査と言われても、一般の方はあまり聞きなれない言葉でしょうから一体何のことかわからないという方も多いはずです。では、一体これは何なのでしょうか。建築設備定期検査とは、ある特定の建築物を定期的に検査し、不備によって起こる事故を未然に防ぐというものです。これは建築基準法のもとに行われているもので、対象となる建築物を管理している方は、この定期検査を毎年行い、都道府県に届け出なければなりません。
しかし、管理していると言っても、設備を保有しているだけで検査までする知識は持ち合わせていないという方も多いでしょう。そういった場合はどうすれば良いのでしょうか。実はこの建築設備定期検査は、知識のある専門の業者に依頼して維持管理権限を委託することができるのです。そうすると、たとえ自分では届け出ることができなくても問題なく検査を行うことができます。
では次に、どういった設備が対象となるのか見ていきましょう。建築基準法第12条の規定では、一定の用途、規模がある建築設備が対象となる、とあります。具体的には換気設備、排煙設備、そして非常用の照明などが対象です。換気設備はどの家庭にもありそうですが、対象となるのは一定規模以上の建築設備ですので対象ではありません。建築設備定期検査とは、あくまでも事業者向けに建築物の安全を確保させるための制度なのです。

大きな建物に必ず必要な設備

大きな建築物を所有、または管理している方は建築設備定期検査を毎年行い、各都道府県に提出する必要があります。例えば、病院などは規模が大きい建築物の代表ですが、その病院の所有者、あるいは管理者は必ず建築設備定期検査を行わなくてはならないのです。
事業者からすれば当たり前のように行っていることかもしれませんが、新しく規模が大きい建築物を所有することになったという方からすれば、この建築設備定期検査とはどういった検査なのか、何を調べるのかなど、不安もあるでしょう。ここではそんな不安を解消できるように、建築物定期検査とは一体何をするのか、詳しく見ていきます。
建築物定期検査は大規模な建築物が対象となる制度ですが、その対象となる建築物は必ず備えなければならない設備があります。それは、換気設備、排煙設備、非常用の照明です。反対に言えば、これらを備えてあるから建築物定期検査の検査対象となる、と言うこともできます。
では、具体的に何をするのかというと、それは至って簡単で、換気設備ならその室内の必要換気量の基準を満たしているか、排煙設備なら設備の前で風速風量測定を行い、適正かどうかを判断します。非常用照明はただ点灯するかを見るだけではなく、照度も適正かどうか検査されます。基本的にはこれらの3つのことが建築設備定期検査で行われるのです。特定の地域によっては、これらに加えて給排水設備も検査の対象となる場合もあります。

Calendar

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Latest Post

建築設備定期検査で考えなければならないこと

オーナーには非常に重要な検査 建築基準法に基づいたもので、建築設備定期検査というものがあります。こ…

More

建築設備定期検査とは何をするのか

私たちが安全に暮らす為に必要不可欠な検査 皆さんは、建築設備定期検査という言葉をご存知でしょうか?…

More

建築設備定期検査の様々な種類とは

消防設備の定期点検とは 建築設備定期検査は、様々な種類があります。今回はその中でも建築設備定期検査…

More

Menu

2017年08月02日
建築設備定期検査で考えなければならないことを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査とは何をするのかを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査の様々な種類とはを更新しました。
2017年08月02日
建築設備定期検査の目的についてを更新しました。

Copyright(C)2017 建築設備定期検査が必要不可欠な理由 All Rights Reserved.